パレットで比較して見る

パレットで比較して見る

「複数パレット表示」で、ナンセンスなランキングに頼らず、馴染みの地域と比較する

新しく家や出店先を探すとき、何をあてにするでしょうか。
結局のところ、馴染みのない地域は選択肢に上がらず、馴染みのある地域の中から選ばれるパターンがほとんどです。
馴染みのない地域については、住みたい街、住むのに良い街、資産価値が上がる街、これから人口が増える街・・・等、あらゆるランキングがありますが、「ランキングで1位だから全てにおいて良い」という訳ではありません。
馴染みのない地域は、馴染みのある地域と比較して見ると、実感が湧きやすいでしょう。実際、いま住んでいるところ、既に営業しているところと比較すると、何がどう違うのかが明確に見えてきます。
比較したい地域が、地図上で離れていると、地図上で見てもなかなか分かりにくいのがネックです。そこで、地図の下にパレットを用意しました。複数のパレットを表示して、馴染みのエリアと、未知のエリアを比較してみましょう。

総合的に特性、地域性を見つめられるよう、さまざまな統計項目を同時に表示

総合的に特性、地域性を見つめられるよう、さまざまな統計項目を同時に表示

その地域の特性、地域性を見るためには、人口密度(人口)を見るだけでも、年齢層を見るだけでも、地価を見るだけでも、あまり見えて来ません。
「地価は高いが、その代わりこういったところが便利」とか、「商業的には不便だが、地価が安く、しかし交通利便性は高いので、私にとっては良い」とか、そういったそれぞれの要素を加味した全体像がひと目で見られると便利です。
そのため、街ペディアのパレットは、それぞれの情報をある程度まとめて編集、単純化し、あらゆる統計項目を同時に一覧できるようにしました。
それでも一画面にはおさまらないので、タブを切り替えてご覧ください。